パタンナーは、専門学校や大学で勉強して、仕事に就くケースが多い

 

パタンナーは洋服を作る時に、ファッションデザイナーが描いた平面のデザイン画をもとにして、立体的な形で洋服の型紙(パターン)を起こすことが仕事です。

 

パタンナーをしている多くの人は、専門学校や大学においてパターンメーキングの勉強をしてから、パタンナーの職に就きます。現場で働きながら、さまざまな服のパターンを手がけて、経験を積むことで技術を磨いていきます。

 

少しのズレで着心地が変わってきてしまうので、高度な技術と知識が求められます。常に着ごごちや、シルエットを考えながらパターンを作成します。時には、何もない状態から型紙を作ったり、裁断や縫製を行う際に指示を出すこともあります。

 

デザイナーのイメージを、実際の形にするのがパタンナーなので、最終的な商品の良し悪しは、パタンナーの腕にかかっています。

 

パタンナーは、フリーランスでメーカーやブランドと契約したり、アパレルメーカーに所属して仕事をします。縫製工場に所属しているケースもあります。専門的な技術や知識を持っているので、自由な働き方ができる専門職です。

 

最近は、コンピューターでパターンを製作するCADを使うことも多くなってきており、パタンナーは、パソコンの知識も身につける必要があります。CADソフトの操作スキルがあると、就職に有利です。他に必須ではありませんが、パターンメイキング技術検定の資格を持っていると、仕事に活かせる機会が多いです。