ファッションの生産管理の仕事は、服を作る工程を把握しておくのが重要

 

ファッション業界の生産管理は、販売計画に基づいて、人や設備などから生産能力を計算し、製品の製造までの一連の流れを管理するのが仕事です。マーチャンダイザー(MD)が計画した生産計画に基づき、素材の手配と管理、縫製工場への手配や納期管理、出来上がった商品の品質管理、コスト管理などを行います。

 

工場に対しては、原価や品質、納期の目標計画を作り、具体的な指示をだします。
効率よく利益を出すために、コストをいかに抑えて資材を調達するかや、この商品は売れているので生産を増やそうなど、製造を調整するのも生産管理の大切な仕事です。

 

最近洗濯表示が変更になりましたが、商品につける洗濯表示や、品質表示のタグやネームラベル、値札などの商品の付属物の管理も生産管理が行います。

 

生産管理の仕事をする上で身につけておきたいのは、素材の知識や縫製、パターンなど服を作る全ての工程を把握しておくことです。
ファッションやものづくりが好きというのが前提で、製品の製造にかかわる一連の流れを把握しておくことです。無理のない生産計画やコスト削減、品質維持を計画する知識や経験、ノウハウが重要になります。

 

素材メーカーや縫製工場など、外部企業とのやりとりも多いので、コミュニケーション能力や英語、中国語などの語学力を身に着けておくと、仕事の幅も拡げやすくなります。

 

生産管理の仕事が未経験でも、アパレルやファッションの知識があれば、特に資格がなくても採用にいたるケースもあります。