ファッションデザイナーの仕事の流れ〜必要な知識は意外に幅広い

 

ファッションデザイナーの仕事をひと言でいうと、商品をデザインすることです。簡単に聞こえますが、デザインするためには、幅広い知識が必要になってきます。

 

商品をデザインする時には、まずディレクターやマーチャンダイザーと一緒に、市場調査をします。

 

今、どんなものが売れているのかを分析して、トレンドの傾向や予測をたてて、店舗の売れ筋状況から、顧客のニーズをさぐっていきます。常にニースを先読みして、次のシーズンに向けての準備を進めていきます。

 

分析したデータをもとにして、シーズンのデザインをだいたい一年から半年前までに作り始めます。

 

デザインができたら、パタンナーや生産管理部門と共に立体化して、販売する服の形にします。素材の選定や、工場への縫製指示など商品化していく工程をチェックします。

 

ファッションデザイナーは、デザインするというクリエーティブな仕事でありながらも、パターンや縫製の仕方、素材についての知識も求められます。

 

オリジナルのブランドを立ち上げているデザイナーの場合は、先を読む力や感性を磨くこと、ファッション業界をリードしていくような創造力も必要になります。他とは違う、オリジナリティと独自性が大切です。

 

企業に所属するデザイナーは、概ねブランドコンセプトに則った商品をデザインしていきます。ブランドコンセプトと、市場やトレンド、顧客の好みをすり合わせてデザインするのが重要です。

 

独立してても企業所属でも、デザイナーがブランドを運営するためには、「売れる」ことが大前提です。世の中の流れ、トレンドの傾向や予測など時流を読み取る力をつけることは大切です。さらに、デザインだけにとどまらず、素材やパターンについて知識を深め、縫製技術など服を作る全てのことに精通していると、全体を見渡せて各工程に的確な指示をだせるようになります。

 

ファッションデザイナーとして最初に就職するのは、アパレルメーカーが多くなります。。デザイナー事務所やブランドメーカーの募集はほとんどなく、新卒のファッションデザイナーの求人は、少ないのが現状です。

 

ファッションデザイナーの平均的な年収は、650万といわれてますが、アパレルメーカーでは500万弱、ブランドメーカーでは400万が相場です。

 

デザイナー関連の資格、色彩やパターン関連のものがいくつかあるので、それらを学び知識を深め経験を積みながら、デザイナーの仕事をスキルアップしていくのが一般的です。