ブランドディレクターになるには?トレンドを読む力が求めれる職業

 

ブランドディレクターは、ファッションブランドにおいてブランドの世界観を決めていく、映画監督のような総合的な演出をする存在です。

 

ブランドディレクターになるために、身につけておきたいことは、ます時流を先読みする力をつけることが大切になります。マーケティングリサーチやトレンド予測ができるように、日頃からアンテナを張り巡らせて、情報収集をして分析します。ファッション以外の分野にも視野を向けて、SNS・社会経済・デジタルなど、幅広い分野に精通していることが求められます。

 

デザイナーほど服を作る専門的知識はなくても、ファッションセンスやトレンドをキャッチする感性は、いつも磨いておく必要があります。特別な資格はいりませんが、様々な分野の人達と接する、コミュニケーション力は必須です。

 

具体的な仕事の内容としては、市場やトレンドの流れを読み取り、顧客やターゲット層のニーズを探って、ブランドの方向性や販売の戦略を決めていくことが主な業務です。平たく言えば、ファッションに関する、あらゆることをこなす専門家です。

 

店舗デザインや広報分野でディレクションする機会もあるので、ファッション業界の多方面と渡り合うことになります。
消費者のニーズを読み取れる感性やマーケティング力を持ちながら、ブランドの世界観を世の中に表現していく仕事です。
平均的な年収は、約330万〜460万円。

 

最近の傾向としては、モデルやアイドル、芸能人などの著名な人たちがディレクターを務めて、ブランドの立ち上げ時から、認知度を高めていく戦略がよく見られます。