マーチャンダイザーとは?アパレル業界の中でもハードな職種

 

マーチャンダイザーの仕事は、商品の売上を伸ばすことです。一般的にマーチャンダイジングとは、消費者の要求や欲求にかなう商品を、適切な数量や価格、タイミングをもって提供する企業活動のことを指します。

 

アパレル業界においてのマーチャンダイザー(MD)の仕事は、市場の分析や消費者のニーズを読み取ることからスタートします。導きだされた結果をもとにして、素材の選定や商品の企画開発を行い、デザインをデザイナーやディレクターと共に進めます。

 

さらに、季節ごとの商品構成やコストの算出、生産数を設定して、生産管理と縫製工場の選定をしていくのもアパレル界でのマーチャンダイザー(MD)の仕事です。

 

その他、商品の納期が確定したら展示会の計画、店頭での販売計画、販促計画など、商品を作って売るところまで、全体的な流れや予算を調整して、売上げを上げていく役割もあります。

 

洋服作りの基本的な知識から、素材や販売、営業の知識など業界内のあらゆる仕事を把握しておく必要もあり、企画生産部門の中で、最もオールマイティな立場になります。

 

特別な資格はなくてもなれますが、消費者のニーズを見極めるセンスや、企画・販売・流通をトータルには把握できる経営感覚、データ分析能力や判断能力が求められます。
海外からの買い付けを行なう場合には、英語などの語学力があると役に立ちます。

 

主な活動場所は、アパレルメーカーの販売促進部門、アパレル専門店、百貨店・量販店の商品開発部門になります。生産地や仕入れ先へ出向いたり、店舗を回ったりと、外出や出張も多い職業です。求人、就職の流れは、一般的には販売スタッフやバイヤーとして経験を積んでから、マーチャンダイザーのポジションにつきます。