ファッション業界に就職したい!どんな職業?どんな職種があるの?

ファッション業界に就職したい

 

ファッション業界って、ぱっと思いつくのは、アパレルブランドの小売店やショップスタッフだけれど、実は、それ以外にも、様々な職種があります。

 

ファッション業界に関わる職業を、仕事の流れに沿ってまとめてみました。


 

服を作ることに関わる職業

 

商品を企画するディレクター、マーチャンダイザー

ディレクターは、ファッション市場やトレンドの流れを見極めて、顧客やターゲット層のニーズを読み取り、ブランドの方向性を決めていきます。
マーチャンダイザーは、商品投入の具体的な時期を決めたり、コストやプライスを決めて、商品を作る流れ全般にかかわり、生産部門の中でオールマイティに仕事をします。

 

洋服を図案化するデザイナー

ブランドの企画や具体案を実際に形にして、図案化していきます。スタイリングや、色などを実際デザイン画にして、実際の商品の原点をつくりあげます。

 

洋服の型紙を作るパタンナー

デザイナーが起こしたデザイン画を、立体的な洋服にするために、型紙(パターン)を作ります。デザインの仕様書をもとに、着心地やシルエットを考えて作成します。

 

縫製工場にパターンを持ち込んでサンプル作成

完成した型紙を、縫製工場に持ち込んでサンプルを作ってもらいます。できたサンプルは、デザイナー、パタンナー、ディレクター、マーチャンダイザーのそれぞれが、再度チェックします。

 

チェックに通れば、本生産

それぞれのチェックが終わり、OKになれば縫製工場へ正式に発注し、商品の生産が始まります。

 

服をお店に届けることに関わる職業

 

商品を店舗に配分するディストリビューター

発注した商品が出来上がり、工場から発注元のメーカー配達されたら、メーカー直営の場合は、商品を自社店舗に納品します。配分と納品を管理するのが、ディストリビューターです。店舗間で、商品の移動を行い在庫処理をしていくのも、ディストリビューターの重要な業務です。

 

直営店がない場合は、バイヤーに買ってもらう

直営店ではなくて発注先のメーカーから、卸先への営業販売をする場合は、卸仕入れをするバイヤーを介して店舗に商品が置かれます。バイヤーは、メーカーの展示会などに出向いて、自らの目利きで商品を発注します。

 

服を販売することに関わる職業

 

チェーン店はエリアマネージャーが管理

エリアマネジャーはスーパーバイザー数人をまとめる存在で、スーパーバイザーよりも担当する店舗数が、圧倒的に多くなります。スーパーバイザーは、店長で優秀な実績を収めた人が、10店舗くらいをまとめることが多いので、エリアマネジャーは、さらにその上でまとめる役割です。必然的に幅広いエリアの店長から、末端のスタッフのことまでを、把握しておく必要があります。

 

店長と販売スタッフが協力して服を売る

店長は、店舗責任者としてスタッフの育成から、販促、イベント、店作りなどお店に関することすべてを行います。スタッフの見本となるような接客はもちろん、商品の在庫管理も任されます。業務は多岐にわたりますが、中心となるのは「ショップの売上を伸ばすこと」です。店長は、ショップを繁盛させるための作戦を練り、スタッフと協力して商品の売上げ向上に努めます。